検索
  • さばえ明厳寺 高田和尚のしあわせ三昧

小さな命

しだれ桜の足元にある苔の中に、小さな杉の芽が出てきました。

風にのった花粉が運よく生きる場所をみつけられたのでしょう。

寺裏にある中戸口の大杉(推定樹齢400年)に対し明厳寺の幼杉(樹齢0年)

同種で年齢差400年、共存することは人間界ではありえません。

大自然の営みの大きさを感じますね。


3回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

朝晩寒く感じます

お彼岸ですが彼岸花が全く咲きません。どうしたんでしょううね。